暇な男子大生スナフキンの日記

暇な男子大生スナフキンの日記

恋愛工学に感化された大学生が、美女を即ることと、人生を楽しむ過程を記録した日記。twitter:@Opabinia_pussy

夢をかなえるゾウをオーディオブック配信サービス「Febe」で読んで、成功について考えた。

今日は大晦日で、多くの人が今年1年の振り返りや来年の抱負を考えたり、旧友と久しぶりに会って、様々な思いを抱いていることだろう。おれも現在実家に帰省していて、帰省中(といっても2日前からだが。)多くの旧友や、地元に住んでいるが今でも定期的に会う友人と飲みに行った。

 

f:id:Opabinia:20161231215725j:plain

彼ら彼女らと話していて、「ああ、こいつはあれから努力を重ねてもっと魅力的になったんだな」と思うこともあれば、「昔魅力的には見えたのに」と思うこともあった。一方で、最近東京で飲むときは、ナンパ仲間かナンパした女と飲むことや就活仲間と飲むことが多く、IOI(脈ありサイン)を見極めながらホテル打診をするか考えたり、お互いナンパ知識を共有したり、慶〇義塾大学SFC生のマウンティングに付き合ったりしているので、何も考えずリラックスして楽しみながら飲むという飲み会は久しぶりだったため、純粋に楽しい時間でもあった。半年に一度ぐらいこういう期間があってもいいなと感じた。と同時に、ここはもう自分がいつもいて居心地がよかった場所ではないのだなと、帰省するたびに感じる思いをますます強く感じ、少し寂しい気持ちになった。

 

 

ところで、少し前話題になった、水野敬也さんの「夢をかなえるゾウ」を読んだ!読んだと言っても、普通に読んだのではなく、耳で読んだ。あの理論派恋愛工学生オンクさんが紹介されていた、「Febe」というオーディオブック配信サービスを利用した!

 

it-warrior-onc-onclog.hatenablog.com

 

これまで、筋トレ中は音楽を聴く以外に特に他の作業をすることはなく、やや時間がもったいないと感じていた。しかし、オーディオブックを聴き始めて、より有意義な時間を過ごせるようになった。興味を持った方は、オンクさんのブログを読むと良いだろう。

 

さて、有名な著作なので知っている人も多いと思うが、夢をかなえるゾウは最近多い、小説形式の役に立つ系の本だ。本書の著者の水野敬也さんは、「ウケる技術」で有名になっただけに、読んでいて苦にならず、それでいて内容もきちんとある、という印象だ。簡単に説明すると、ハイステータスな実業家や芸能人が集まるパーティに偶然参加したごく普通の会社員の主人公が、華々しい世界で輝く彼ら彼女らに強い劣等感を感じ、家に帰ってヤケ酒をしていたら酔っぱらってしまい、翌日目が覚めるとインド旅行で買ってきたゾウの置物がしゃべり始め、それだけでもびっくりだが、なんとそのゾウは神様を自称して主人公に成功する極意を教えてくれる。という話だ。

 

水野さんが一貫して伝えたかったのはおそらく、「成功したいと思ったら人を喜ばせることを一番に考えよう。まずは周りの人に心から感謝することから始めよう」ということだった。そのことについては本書を読むとよく伝わってくると思うが、おれ自身がとても共感できる、そして改善していかなければならないなと感じたのは本書の次の部分だ。

「トイレ掃除をする、ちゅうことはやな、一番汚いところを掃除するっちゅうことや。

そんなもん誰かて、やりたないやろ。けどな。人がやりたがらんことをやるからこそ、それが一番喜ばれるんや。一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや。

分かるか?好きなことをしろなんて言われてきたかも知らんけど

まあ好きなことするのも大事やけどな、それと同じくらい大事なんは、人がやりたがらんことでも率先してやることや。

仕事のできるやつは全員そのこと知っとるで」

水野敬也「夢をかなえるゾウ」より

 上記は本書の中で、ゾウの神様ガネーシャが主人公に、成功するためにはトイレ掃除が大事だ。と説くシーンだが、おれはこのシーンを読んで(聴いて)少し違うことを考えた。

 

おそらく、どんな分野の人でも成長が早かったり認められるのが早い人は、上記のような理由を考える前にうまくいっている人の真似をすぐにできる人だ。(もちろん、その行動の背景を理解しておくことは、本質的な部分の理解にはつながると思う。)理由を考えてグダグダ行動しない人をしり目に、すぐに行動を変えてしまえる人が、どういう場所でも成功しているように思えた。

 

最後に、年末なのでありきたりだが今年の振り返りと来年の抱負を書きとめておこうと思う。これまで気が向いたら出撃する程度だったナンパにおいて、今年後半からかなり真剣に取り組み、成果も今までより出せたと思う。もっと明瞭に結果を振り返れるように、来年は定量的なデータの収集と記録を心がけようと思う。また、来年は就活がより忙しくなるので、キャリアについても考え、行動を起こす必要がある。ナンパで知り合った知人(男女とも)との交流も増え、私生活もさらに忙しくなってきた。スケジュール管理、体調管理などの自己管理は、よりシビアにする必要があるだろう。うまくバランスをとりつつ、もっと時間を大切にして次の1年を過ごしていきたい。

 

最後に!今年1年間お世話になった皆様。本当にありがとうございました。皆さんのおかげで楽しく充実した2016年を過ごせました。今後とも一緒に成長していけたらと思っています。2017年もよろしくお願いいたします!

 

f:id:Opabinia:20161231232534p:plain

 

夢をかなえるゾウ文庫版

夢をかなえるゾウ文庫版

 

 

 

ウケる技術 (新潮文庫)

ウケる技術 (新潮文庫)

 

 

What do you want to do? あなたはどうしたいのか?

「あなたはそこに行って何をしたい?」「あなたはナンパを続けてどうしたいの?」「あなたはどんな研究をしたい?」「あなたは将来どうしたいの?」

 

f:id:Opabinia:20161221013415p:plain

http://money-hack.jp/would-like/より

 

 

話題や話す相手によって、重みは異なるものの、いつもよく人に聞かれたり、人に聞いたりする、あるいは自問したりもするフレーズだ。そして、おれ自身も含め、日常的な小さな「あなたはどうしたいの?」に対して、すぐに答えられなかったり、適当にごまかしてしまう人はとても多いように感じる。

 

「旅行どこ行きたい?」

「どこでもいいよ」

 

「将来どうしたい?」

「うーん。よく分からない。」

 

一方、ナンパを通じて何人かの欧米人と知り合ったが、彼女たちに共通に感じた印象は、この「What do you want to do?」に対してはっきりと意思表示をしてくるということだった。もちろん、彼女たちは何か目的を持って日本に来ているわけで、そういう子たちだからこそ、この答えに窮してしまいがちな問いに対してはっきり答えられるのかもしれない。つまり、彼女らが、この問いに対して明確な答えをその場で用意できたのは、彼女たちが「日本人でなく、欧米人である」こととは関係なく、「たまたま欧米人の、意識高めの人に出会った」だけかもしれない。しかし、ぼくはそれを差し置いても、欧米人たちが同年代の日本人に比べて、対象とする物事の大小にかかわらず、「今何をしたいのか」を念頭に置きながら行動しているように感じた。

 

そして、その理由の一端を担っているは教育制度の違いではないかと考えた。

 

一例として、ドイツの教育制度を挙げよう。ドイツでは、義務教育は日本と同じ6歳で始まり、小学校に入学する。そして初等教育の年数は4年。ここは日本とは異なる。しかし、小学校では簡単な読み書き計算を習い、この時点で日本の教育とそれほど大きな差はない。小学校教育終了後の、日本でいう5年生からの教育はドイツと日本で大きく異なる。

 

ドイツでは、小学4年生修了時、つまり10歳のときに、将来大学のような機関で高等教育を受けるか、それとも職人になるために職業訓練学校的な教育機関になるかを選ばなければならないのである。そして、このとき選んだ道を後戻りするのはあまり現実的ではない。

 

ドイツにおいては伝統的に職人徒弟制度に由来する即戦力的な職業教育と、大学教育に代表される高等教育が明確に教育課程として分離されている。従って日本における中学校及び高等学校のような、後期初等教育中等教育の時点から異なる教育を受ける事になる。もちろん両者は途中移籍や再履修が可能であるが、一方の学校を卒業した状態から直接もう一方の進路に進む事は現実的な方法ではない(職業訓練修了→大学など)。

wikipedia-「ドイツの教育」より

 

f:id:Opabinia:20161221014104p:plain

http://www.lifehacker.jp/2013/06/130628whatiwantodo.htmlより

 

ドイツで生まれた少年少女は、10歳にして将来の選択を迫られるのだ。そして予想はつくが、この教育制度は柔軟性に欠けているとした批判もなされているようだ。

 

ドイツの教育制度とは異なるものの、欧州の他の国でも、将来像を考えざるを得ない教育制度は、たとえばフランスなどでも実施されている。そしておれは、この自分がやりたいことを考えざるをえない状況が、彼ら彼女らが、様々な状況において「私はこうしたい」と意見を持てるようにしているのではないかと考えた。

 

ことわっておくと、この記事は日本の教育制度批判でも、欧米マンセー記事でもない。日本の、集団を意識した教育制度は、もちろん突出した才能や何かに特化した才能を持つ人に対して不利に働くことがある、というのはよく言われることだが、「既存の教育制度に乗っかって真面目にやっていれば、特段才能がなくても、ある程度の水準の生活が維持できる(衣食住には困らない)」というのは、ほとんどの突出していない(あるいは突出している自覚がない)人にとって、とてもありがたいものだと思う。(おれも含めて。)そして、日本人の識字率は99%を超え、しかも数学的能力は米ハーバード大学などの欧米の名門大学に入学する学生と比べても、日本の同年代の学生はとても高い水準にある。これは我が国が誇ることのできることだと思う。

 

 

f:id:Opabinia:20161221021630p:plain

国際学力テストPISAの我が国の高校生の成績。

http://www.nhk.or.jp/school-blog/500/175231.htmlより

 

 

ただし、「自分がどうしたいか」ということを考えるうえで、日本の教育制度にただ乗っかっているだけでは、それを考える能力がつきにくいのではないかと感じた。そして、おれの周りの人で、「あなたは何をしたいの」にはっきりと答えられる人はそれほど多くないと感じた。学歴や勤めている会社に関係なく。日本では、少なくとも高校まではいわゆる「学力」という共通の指標で学校での最も大きな評価のうちの1つが決まり、その画一的な評価システムは子供たちが「自分が何をしたいのか」を考える機会を減らす原因の1つになっていると考えた。

 

また、日本の高校卒業後の若者は、「大学全入時代」と言われ、誰もが大学に入学し、まあ入学するのはありとして、遊んで授業をサボっていても進級、卒業が可能な大学に在籍している。たとえばフランスでは教授に、「進級か恋愛かどちらかを選べ」と言われるほどに厳しい進級条件が課される大学と違い、学生のユートピアとなっている日本の大学で、「何をしたいのか」をいつも考えつつ、学業にいそしんで生活するよりも、友達と飲んで遅くまで遊んだり、授業をサボってセックスしている方がいいと感じるのは自然なことかもしれない。(おれ自身もある程度それに同意できる)

 

ここまで、日本の教育制度では、「あなたはどうしたいのか?」に対する答えを考える機会が少ないと論じたが、おれ自身はいつも「どうしたいのか?」に自分で答えを出しながら人生を歩んでいきたいと思っている。もちろん今の時点でできていないから、「歩んでいきたいと思っている」と書いたのだが。おれたちは、いつも何らかの物事に影響を受けていて、本当に自分が「こうしたい」と思っているのか、それとも周りに影響されて思わされたのかは分からない。たぶんそれは一生かけても分からないだろう。

 

だが、おれは大小様々な選択肢に対して、たとえ周りからの影響だとしても、少なくとも「自分で選んだ」と自分自身は感じられるように生きていきたい。それが、この自由で不安に満ちた社会で、自信を持って生きていくための唯一の方法だと思うから。

 

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (幻冬舎文庫)

サイコパスとはなにか。気づかないだけで、ぼくたちは十分サイコパスの可能性がある。

サイコパス。先日話題になったアニメのことではない。

f:id:Opabinia:20161218133521j:plain

サイコパスとは、日本語では精神病質者と訳される。多くの人のサイコパスに対するイメージは、冷酷で、残虐な行為を平気で行い、社会の規範を逸脱することに抵抗を示さない社会不適合者だろう。

 

おれは、本屋で機になった本を手当たり次第に買って読むのが好きで、この前も近所の本屋で中野信子さん著の「サイコパス」を含む何冊かの本を買った。そして、本書を読んで面白いと感じたので、書評として残そうと思う。

 

サイコパス (文春新書)

 

 

多くの人が、あいつはサイコパスだよ。とこの言葉を使うとき、冷酷で残虐で、思いやりが全くないという、かなり悪い意味で使っていると思う。一方で本書は、イメージだけが独り歩きしがちなサイコパスについて、臨床研究、犯罪研究、心理学的側面からのアプローチなどから、正確な実態を描写しようとしている。

 

まず、これは他の多くの精神疾患にも言えることだが、サイコパシー傾向(サイコパスらしさ)もまた、連続的なものだということだ。どういうことかというと、「この行動を示すからサイコパス、示さないからサイコパスでない」というように明確な線引きがあるわけではなく、人間一人一人がそれぞれ、ある程度サイコパスらしい側面を持っていて、サイコパスと呼ばれる人はその傾向が高い人のことを指すということである。つまり、おれたち自身もサイコパスである可能性は十分にある。

 

これはサイコパス診断基準を見るとよくわかる。ロバート・ヘアによるサイコパス自己診断チェックリストには、「口達者、表面的な魅力」「無責任」「衝動的な行動」がチェック項目として挙げられているが、これらを兼ね備えた人物は普通に周りにいるし、普段この真逆の、「口下手」「責任感がある」「思慮深い行動」をする人物も、状況によって上記のような、普段と真逆の行動をとりうる。つまり、サイコパスとは、これらの行動をいとも簡単に、常習的にとる(状況に拠らずとる)人物のことを指す。

 

一方、サイコパシー傾向を示す人の脳を調べると、海馬の非対称性、偏桃体の大きさが一般人と異なる、などの物理的な違いも見られる(平均的に)ことも分かっており、本書では、サイコパシー傾向が遺伝する可能性まで言及されている。サイコパスが遺伝するとして、将来遺伝子解析が進んで「サイコパシー傾向が高い」とされる人が、前もって収監される社会になったりしたら怖いよね。

 

ここまで読んで心当たりがある方もいるかもしれないが、普段ナンパクラスタTwitterやブログを読んでいるおれは、これってナンパ師のことでは?と思ってしまった。サイコパスはその表面的な魅力から、モテることが多く、異性関係が乱れがちだそうだ。

 

一方、社会的に成功した人物の中にもサイコパスは多いようで、歴代アメリカ大統領の中にも高いサイコパシー傾向を示す人物が多くいるそうだ。たとえば、ビル・クリントン氏も高いサイコパシー特性を示すと本書は述べている。サイコパスは、大胆な行動に対して恐れを抱きづらいために、こうした傾向が現れるようだ。

 

サイコパスは、最近になってその存在が注目され始めたが、潜在的にはこれまでも存在していたはずだ。これまで存在していたが、情報不足や情報が共有されないことによって存在が明らかになっていなかったものが、明るみに出るということは最近では全く珍しいことではない。

 

最近では、どんなものも病気扱いする傾向がある一方で、その実態についてはあまり把握していない人がとても多いように感じる。世の中に流通する情報量が増え続けているので仕方ない一面もあるだろう。だが、世の中のことを正しく知って、正しく対処するために、その実態を正確に把握することは大切だと感じた。

 

それがどんなに難しいことかは最近強く感じていて、みんながポジショントークをするから正確な情報というのはなかなか見つからないんだけれど。

影響力を持つことの喜び

今日は某日系コンサルティングファームの選考に行った後、先輩と飲みに行った。その前に会社の近くでストナンしようと思ったが、歩く女が池袋と違ってハイステータスに見えてチキった。精神的にマウントをとられてる時点で負けだ。自信を持っていこう。

 

先輩は、先週「ぼく愛」を貸してなんと2日で2周読み返したそうだ。そしてさっそくこの前の日曜日に街コンに参加して、すでに2人とのアポが今週決まったそう。すごい。

それに、ぼくが勧めた本を読んで、それを行動に移してくれて、ということがとても嬉しかった。他人に対して自分が影響を与えられることが嬉しいことだと実感した。

ぼくは愛を証明しようと思う。

 

今日はそのアポに向けて、様々なナレッジを共有した。自分の考えを話していると、自分でも今まで気づかなかったようなことに気づけるもので、今日まさに選考後に会社の近くでナンパできなかったのが、精神的にマウントをとられていたせいだとはっきり自覚した。あたりまえすぎて自覚てきていなかったが、「相手の価値より自分の価値が下回っている。」と感じている時点で勝負は負けたようなものだ。しっかり心に留めて、出撃、アポの度に思い出そう。どんな形にせよ、自分の考えをアウトプットするのは大事なことだと改めて実感した。

 

ブログ、飲み会、日常会話、アポ……色んな機会を利用してアウトプットしていこう。

 

明日はアポ前に時間があるのでナンパします。筋トレもしっかりやろう。明日もがんばろう。

ナンパと就活と学友。

12/11(日)ぼくは今、夜22時過ぎにオリジンの牡蠣生姜焼き弁当を食べながら、そしてプロテインを飲みながらこの記事を書いている。そう!デブ活である。このままでは目標に掲げた、「今年中に体重5キロ増」を達成できないと思い、1日4食をノルマに設定した。

 

夜にブログを書くのは久しぶりで、わざわざ書こうと思ったのは今日は色々なことがあったからだ。

 

今日はフラ〇ス人のLTRが家に泊まっていたので、あまり眠れず、寝不足のままバイトに向かった。バイトの顧客に、今後の日本はやばいから、ボーっと生きたらだめだよと力説した。もちろん、ぼく自身への自戒としても。

 

そして品川にて高校時代の友人とランチに行った。彼は防〇大学校を出て、幹部自衛官候補生としてこれから自衛隊に配属されるそうだ。彼は相変わらずマッチョで気のいいカッコいい男だった。

 

そして総合商社の就活セミナーに向かった。グループワーク。けっこう楽しい。商社はありかも。

 

 

帰り。意識高い系の慶〇大学SFCの学生がマウンティングしてきた。「てかどこ大?」「TOEIC何点?」「どこのインターン行った?」あーーーーーーー。疲れる。話を聞いてみるとけっこう精力的に活動しているっぽい。彼に負ける気はしないけど、行動力は見習おう。そしてなぜか飲みに誘ってくる。「先輩に連絡してみてダメっぽかったら飲もう。」は?なんだそれは。お前の中で二番手なのは別にいいけど、せめてそれはお前の心の中にしまっとけよ。まあいいや。とりあえず断って電車に乗ろうとしていると、同大学の学友を発見。強引にナンパに連れ出す。

 

 

池袋でナンパを開始。調子がいい。1声掛け目でLゲ。

 

この調子でいこう。10声掛けぐらいしてから、お腹が減ったのでお好み焼き屋へ。食べ終えて声掛け再開。5声掛けぐらいして終了。そして今デブ活中なわけですw

 

ところで今日は初めて自分のナンパ中の録画音声を聞いてみた。ボイスレコーダー自体はけっこう前から持っていたけれど、なかなか自分のしょぼいナンパを聞くのは怖くて避けてきたわけだ。やっぱ聞くべきだと感じた。これからはちゃんと録音してフィードバックしていこう。

 

そして今日のナンパ中は背筋を伸ばすことを意識したんだけれど、とても反応がよくなったように感じた。この調子で今週もがんばろう。

LTRとの別れ

日本のみんなおはよう!今日は7時に起きれました(^^)/昨日に比べると大きな進歩。明日は5時に起きるぞ。

 

昨日は、マイナビと大学が共同開催の就活イベントに行った。思ったより人がたくさん来てた。期待以上の成果が得られたかなといった感じ。就活に興味を持ち始めたころは、「ワークライフバランスって大事そう。ホワイトな会社がいいなー。」とか思っていたけど、最近は「20代の体力あるうちは、たくさん働きつつポータブルな力をつけよう。」という方向にシフトしてきました。

 

そしてLTRとのアポへ。彼女は留学生で、とても優秀。この春ぐらいから関係を持っている大学生。先月ぐらいから様子がおかしいと感じていたんだけど、その理由が先週判明。ある重い病気と診断されて、それをずっと黙っていたとのことだった。家族の希望で、母国で治療を受けるそう。日本に戻ってこれるかはまだわからないらしい。日本に戻ったらまた会おうねと約束してお別れした。

 

正直今までで一番愛着がある子だったから悲しい。けどどっちも地球上で生きているし、また会えるだろう。

 

さて、今日は福岡遠征の予算を計算して、昼休みに筋トレ、夕方美容院に行って、アルバイト。合間時間にやることは、読書、ES作成、新聞読む、TOEICの勉強。

今日は日曜日。5時に起きるはずだったのに8時に起きた。それから家事、身支度をしてこんな時間に。うーんダメだ。明日は必ず起きよう。起きてからボーっとする時間も減らそう。

 

そういえば最近気づいたこと。筋トレを比較的継続的にやってきて、始めたころの2倍ほどの重さを上げられるようになった。けど、身体つきや体重がそれほど劇的に変化していない。もっと大きくなりたい。おれはかなり痩せやすい方で、食べても体重をなかなか増やせない。もっとたくさん食べてトレーニングの負荷を強くして、プロテインもたくさん飲もう。

目標は年内に、

スクワット110-120kg

デッドリフト90kg

ベンチプレス70kg

をそれぞれ10RMできるようになること。そして体重を今より3キロほど増やすこと。

 

あと、早起きするためには多少寝る時間が遅くなっても寝る前にシャワーを浴びるのは大事だと気付いた。今までめんどくさくて朝風呂とかやっていたけど、朝目覚めるためのシャワーと、寝る前のシャワーはやっぱりどちらも必要だ。

 

今日は業界研究セミナーに行って、終わったらナンパをして、その後既存とのアポ。合間時間で読書、ESなどをやろう。今日もがんばろう。