読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇な男子大生スナフキンのナンパ日記

恋愛工学に感化された大学生が、美女を即ることと、金を稼ぐことを追い求める過程を記録した日記。twitter:@Opabinia_pussy

サイコパスとはなにか。気づかないだけで、ぼくたちは十分サイコパスの可能性がある。

サイコパス。先日話題になったアニメのことではない。

f:id:Opabinia:20161218133521j:plain

サイコパスとは、日本語では精神病質者と訳される。多くの人のサイコパスに対するイメージは、冷酷で、残虐な行為を平気で行い、社会の規範を逸脱することに抵抗を示さない社会不適合者だろう。

 

おれは、本屋で機になった本を手当たり次第に買って読むのが好きで、この前も近所の本屋で中野信子さん著の「サイコパス」を含む何冊かの本を買った。そして、本書を読んで面白いと感じたので、書評として残そうと思う。

 

サイコパス (文春新書)

 

 

多くの人が、あいつはサイコパスだよ。とこの言葉を使うとき、冷酷で残虐で、思いやりが全くないという、かなり悪い意味で使っていると思う。一方で本書は、イメージだけが独り歩きしがちなサイコパスについて、臨床研究、犯罪研究、心理学的側面からのアプローチなどから、正確な実態を描写しようとしている。

 

まず、これは他の多くの精神疾患にも言えることだが、サイコパシー傾向(サイコパスらしさ)もまた、連続的なものだということだ。どういうことかというと、「この行動を示すからサイコパス、示さないからサイコパスでない」というように明確な線引きがあるわけではなく、人間一人一人がそれぞれ、ある程度サイコパスらしい側面を持っていて、サイコパスと呼ばれる人はその傾向が高い人のことを指すということである。つまり、おれたち自身もサイコパスである可能性は十分にある。

 

これはサイコパス診断基準を見るとよくわかる。ロバート・ヘアによるサイコパス自己診断チェックリストには、「口達者、表面的な魅力」「無責任」「衝動的な行動」がチェック項目として挙げられているが、これらを兼ね備えた人物は普通に周りにいるし、普段この真逆の、「口下手」「責任感がある」「思慮深い行動」をする人物も、状況によって上記のような、普段と真逆の行動をとりうる。つまり、サイコパスとは、これらの行動をいとも簡単に、常習的にとる(状況に拠らずとる)人物のことを指す。

 

一方、サイコパシー傾向を示す人の脳を調べると、海馬の非対称性、偏桃体の大きさが一般人と異なる、などの物理的な違いも見られる(平均的に)ことも分かっており、本書では、サイコパシー傾向が遺伝する可能性まで言及されている。サイコパスが遺伝するとして、将来遺伝子解析が進んで「サイコパシー傾向が高い」とされる人が、前もって収監される社会になったりしたら怖いよね。

 

ここまで読んで心当たりがある方もいるかもしれないが、普段ナンパクラスタTwitterやブログを読んでいるおれは、これってナンパ師のことでは?と思ってしまった。サイコパスはその表面的な魅力から、モテることが多く、異性関係が乱れがちだそうだ。

 

一方、社会的に成功した人物の中にもサイコパスは多いようで、歴代アメリカ大統領の中にも高いサイコパシー傾向を示す人物が多くいるそうだ。たとえば、ビル・クリントン氏も高いサイコパシー特性を示すと本書は述べている。サイコパスは、大胆な行動に対して恐れを抱きづらいために、こうした傾向が現れるようだ。

 

サイコパスは、最近になってその存在が注目され始めたが、潜在的にはこれまでも存在していたはずだ。これまで存在していたが、情報不足や情報が共有されないことによって存在が明らかになっていなかったものが、明るみに出るということは最近では全く珍しいことではない。

 

最近では、どんなものも病気扱いする傾向がある一方で、その実態についてはあまり把握していない人がとても多いように感じる。世の中に流通する情報量が増え続けているので仕方ない一面もあるだろう。だが、世の中のことを正しく知って、正しく対処するために、その実態を正確に把握することは大切だと感じた。

 

それがどんなに難しいことかは最近強く感じていて、みんながポジショントークをするから正確な情報というのはなかなか見つからないんだけれど。

影響力を持つことの喜び

今日は某日系コンサルティングファームの選考に行った後、先輩と飲みに行った。その前に会社の近くでストナンしようと思ったが、歩く女が池袋と違ってハイステータスに見えてチキった。精神的にマウントをとられてる時点で負けだ。自信を持っていこう。

 

先輩は、先週「ぼく愛」を貸してなんと2日で2周読み返したそうだ。そしてさっそくこの前の日曜日に街コンに参加して、すでに2人とのアポが今週決まったそう。すごい。

それに、ぼくが勧めた本を読んで、それを行動に移してくれて、ということがとても嬉しかった。他人に対して自分が影響を与えられることが嬉しいことだと実感した。

ぼくは愛を証明しようと思う。

 

今日はそのアポに向けて、様々なナレッジを共有した。自分の考えを話していると、自分でも今まで気づかなかったようなことに気づけるもので、今日まさに選考後に会社の近くでナンパできなかったのが、精神的にマウントをとられていたせいだとはっきり自覚した。あたりまえすぎて自覚てきていなかったが、「相手の価値より自分の価値が下回っている。」と感じている時点で勝負は負けたようなものだ。しっかり心に留めて、出撃、アポの度に思い出そう。どんな形にせよ、自分の考えをアウトプットするのは大事なことだと改めて実感した。

 

ブログ、飲み会、日常会話、アポ……色んな機会を利用してアウトプットしていこう。

 

明日はアポ前に時間があるのでナンパします。筋トレもしっかりやろう。明日もがんばろう。

ナンパと就活と学友。

12/11(日)ぼくは今、夜22時過ぎにオリジンの牡蠣生姜焼き弁当を食べながら、そしてプロテインを飲みながらこの記事を書いている。そう!デブ活である。このままでは目標に掲げた、「今年中に体重5キロ増」を達成できないと思い、1日4食をノルマに設定した。

 

夜にブログを書くのは久しぶりで、わざわざ書こうと思ったのは今日は色々なことがあったからだ。

 

今日はフラ〇ス人のLTRが家に泊まっていたので、あまり眠れず、寝不足のままバイトに向かった。バイトの顧客に、今後の日本はやばいから、ボーっと生きたらだめだよと力説した。もちろん、ぼく自身への自戒としても。

 

そして品川にて高校時代の友人とランチに行った。彼は防〇大学校を出て、幹部自衛官候補生としてこれから自衛隊に配属されるそうだ。彼は相変わらずマッチョで気のいいカッコいい男だった。

 

そして総合商社の就活セミナーに向かった。グループワーク。けっこう楽しい。商社はありかも。

 

 

帰り。意識高い系の慶〇大学SFCの学生がマウンティングしてきた。「てかどこ大?」「TOEIC何点?」「どこのインターン行った?」あーーーーーーー。疲れる。話を聞いてみるとけっこう精力的に活動しているっぽい。彼に負ける気はしないけど、行動力は見習おう。そしてなぜか飲みに誘ってくる。「先輩に連絡してみてダメっぽかったら飲もう。」は?なんだそれは。お前の中で二番手なのは別にいいけど、せめてそれはお前の心の中にしまっとけよ。まあいいや。とりあえず断って電車に乗ろうとしていると、同大学の学友を発見。強引にナンパに連れ出す。

 

 

池袋でナンパを開始。調子がいい。1声掛け目でLゲ。

 

この調子でいこう。10声掛けぐらいしてから、お腹が減ったのでお好み焼き屋へ。食べ終えて声掛け再開。5声掛けぐらいして終了。そして今デブ活中なわけですw

 

ところで今日は初めて自分のナンパ中の録画音声を聞いてみた。ボイスレコーダー自体はけっこう前から持っていたけれど、なかなか自分のしょぼいナンパを聞くのは怖くて避けてきたわけだ。やっぱ聞くべきだと感じた。これからはちゃんと録音してフィードバックしていこう。

 

そして今日のナンパ中は背筋を伸ばすことを意識したんだけれど、とても反応がよくなったように感じた。この調子で今週もがんばろう。

LTRとの別れ

日本のみんなおはよう!今日は7時に起きれました(^^)/昨日に比べると大きな進歩。明日は5時に起きるぞ。

 

昨日は、マイナビと大学が共同開催の就活イベントに行った。思ったより人がたくさん来てた。期待以上の成果が得られたかなといった感じ。就活に興味を持ち始めたころは、「ワークライフバランスって大事そう。ホワイトな会社がいいなー。」とか思っていたけど、最近は「20代の体力あるうちは、たくさん働きつつポータブルな力をつけよう。」という方向にシフトしてきました。

 

そしてLTRとのアポへ。彼女は留学生で、とても優秀。この春ぐらいから関係を持っている大学生。先月ぐらいから様子がおかしいと感じていたんだけど、その理由が先週判明。ある重い病気と診断されて、それをずっと黙っていたとのことだった。家族の希望で、母国で治療を受けるそう。日本に戻ってこれるかはまだわからないらしい。日本に戻ったらまた会おうねと約束してお別れした。

 

正直今までで一番愛着がある子だったから悲しい。けどどっちも地球上で生きているし、また会えるだろう。

 

さて、今日は福岡遠征の予算を計算して、昼休みに筋トレ、夕方美容院に行って、アルバイト。合間時間にやることは、読書、ES作成、新聞読む、TOEICの勉強。

今日は日曜日。5時に起きるはずだったのに8時に起きた。それから家事、身支度をしてこんな時間に。うーんダメだ。明日は必ず起きよう。起きてからボーっとする時間も減らそう。

 

そういえば最近気づいたこと。筋トレを比較的継続的にやってきて、始めたころの2倍ほどの重さを上げられるようになった。けど、身体つきや体重がそれほど劇的に変化していない。もっと大きくなりたい。おれはかなり痩せやすい方で、食べても体重をなかなか増やせない。もっとたくさん食べてトレーニングの負荷を強くして、プロテインもたくさん飲もう。

目標は年内に、

スクワット110-120kg

デッドリフト90kg

ベンチプレス70kg

をそれぞれ10RMできるようになること。そして体重を今より3キロほど増やすこと。

 

あと、早起きするためには多少寝る時間が遅くなっても寝る前にシャワーを浴びるのは大事だと気付いた。今までめんどくさくて朝風呂とかやっていたけど、朝目覚めるためのシャワーと、寝る前のシャワーはやっぱりどちらも必要だ。

 

今日は業界研究セミナーに行って、終わったらナンパをして、その後既存とのアポ。合間時間で読書、ESなどをやろう。今日もがんばろう。

今日から毎日

今日から毎日朝起きたらすぐにブログを書くことにする。目的は、

・文章力の向上

・前日の振り返りとその日の目標を確認

・起きた後やることを決めておくことで、自身の迅速な行動を促す

こと。

最近起きても長時間ボーっとしてから、ベッドを出ている。時間がもったいない。

今日から毎朝5時に起きて、そこから朝の授業までの時間をTOEICの勉強、大学のレポート、就活関係の調べもの、ES作成、読書などに使うこととする。

 

昨日、改めてTinderを始めた。一度ネカマアカウントを作った時に、競合が多すぎると感じてやめたが、競合がおおいならば会話をオープンするために、工夫した第1声が必要だ。相手の見た目、服、ステータスなどからオープナーを考える練習になると感じて、再開することにした。

 

そういえば大学からアンケートに協力してくださいと郵便が届いていた。これ、まともに生活を送ってて、暇じゃないやつで協力するやついるのか?謝礼もない、こちらに何のメリットもないのに、ただ「アンケートに協力してください」。国立大学法人のお役所仕事と考えればまあ、そんなもんかと思う。けど、税金使ってわざわざ回答数も得られないアンケートを郵送するのってすごくもったいないよね。

 

今日は筋トレをハードめにやって、それから大学のレポート、そして読書、ESを書く。バイトもあるからけっこうハードな一日になりそう、というかしよう。

1ヵ月間池袋に集中して感じたこと、決めたこと。

この1ヵ月、ストリートナンパに出撃する場所を池袋に絞って、ナンパ活動をしてきた。もちろん、用事があるときは新宿やお茶の水、渋谷でもナンパをした。

 

まずは分かりやすい定量的な結果から。声掛け数約150、番ゲ9、即2、準即1だった。

 

まだまだショボ腕です(´・ω・`)

 

この1年間、ナンパをすればするほど、女を信じることはできなくなっていった。セックスして、ベッドではオパビニアくん大好き!!とか言ってベタベタしてきた次の週には、声掛けした瞬間より冷たい態度になっていた女。

 

遠距離恋愛の彼氏に会いに行って、帰ってきた次の日におれと寝る女。ナンパは着いて行ったことないとか言いながら、平気で会ったその日におれとセックスする女。

 

言い寄ってくる男がいて、そいつとはセフレとかになりたくない、私はちゃんと付き合わないとセックスしたくないと言いながら、おれと誰がどう見てもセフレのような関係を続ける女。

 

見た目も、雰囲気も、学歴も、勤めている会社も、関係なく、そういう女は存在した。

 

おれはもうこれから先、普通に嘘をつけるぐらいの女を信じることはできないと思う。

 

というか信じなくていいか。信じて裏切られて心が痛んだり、不安になったりするのは、自分にとって価値が高い女をたくさんキープしたり手に入れる術を持っていないからだ。もう手に入らないと思うから失うのが怖いんだろう。

 

明日からもまた池袋にナンパに行きます。12月の目標は、番ゲ15以上、即3以上、です!頑張るぞ(^^)/